last updated:2021/08/02

←前へ 次へ→ 機能別Q&A 質問番号順Q&A


[HMM0003A]

●マクロファイルの置き場所

Q.
マクロファイルは、どこへコピーするのですか?

A.

設定により、2箇所(秀丸エディタフォルダ又はマクロファイル用のフォルダ)のうちのどちらかになります。

使用しているOSがWindows Vista以降の場合、必ず秀丸エディタフォルダ以外の場所を指定するようにしてください。
(Windows本体の設定によっては問題ない環境もありますが、秀丸エディタフォルダ以外の場所を指定しておくのが無難)

[解説]
  • 「その他」→「動作環境」→「環境」→「パス」の「マクロファイル用のフォルダ」にパスを設定してある場合にはそのフォルダが、設定してない場合には秀丸エディタ本体(HIDEMARU.EXE)のあるフォルダがマクロファイルの置き場所になります。
    (秀丸エディタフォルダとは、秀丸エディタ本体「HIDEMARU.EXE」が入っているフォルダのこと)

  • Windows Vista以降のOSでは、マクロフォルダはデフォルトでユーザーフォルダ (C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Hidemaruo\Hidemaru\Macro)に設定されます。

    秀丸エディタのデフォルトのインストール先である"C:\Program Files\Hidemaru"以下に、マクロフォルダを設定するのは、推奨されません。(64bit OS で 32bit版秀丸エディタを使用する場合には、"C:\Program Files(x86)\Hidemaru")

    参考情報:[HME0097A] ●ファイルを秀丸エディタで編集したのに、反映されていない

    マクロフォルダはユーザーフォルダ以外でも問題ありませんが、必ず書き込み可能なフォルダを指定してください。

  • 「持ち出しキット」を使い、USBメモリ等リムーバブルメディアで秀丸エディタを使用してる場合は、秀丸エディタ本体と同じ場所でも大丈夫ですが、秀丸エディタ本体側のファイルと混在するので、フォルダは分けた方がいいでしょう。

[注意]

ユーザーフォルダ(C:\Users\ユーザー名\AppData)は、Hidden属性が設定されている(隠しフォルダになっている)為、 OSの初期状態では非表示になっています。表示するためには、OSの設定変更が必要です。

詳細は「第III部〜秀丸マクロのいろはにほへと マクロを実行してみよう」にある「【1】導入前の準備」を参照してください。


←前へ 次へ→ 機能別Q&A 質問番号順Q&A