last updated:2021/08/02

←前へ 次へ→ 機能別Q&A 質問番号順Q&A


[HME0078A]

●各種設定を移行するためファイルに保存したい

Q.
秀丸エディタの各種設定を、他のパソコンでも同じように設定したいのですが、ファイルに保存されるので移行や複製が可能な項目と、レジストリに保存されるので同じ設定にしたくても1から設定しないといけない項目を教えてください。

A.

ファイルとして保存できる項目は、以下になります。

  • キー割り当てとマクロの登録内容
  • 強調表示
  • 上記を含む、全ての設定内容

キー割り当てとマクロ登録の保存

「その他」→「キー割り当て」の 「保存」 ボタンで行います。ファイルは「設定ファイル用フォルダ」に保存されます。 (未設定の場合は、秀丸エディタをインストールしたフォルダ)

  • 秀丸エディタ Ver.8.90以降の場合 (Ver.8.90〜)

    キー割り当てダイアログVer.8.90

  • 秀丸エディタ Ver.8.90より前の場合 (〜Ver.8.89)

    キー割り当てダイアログ キー割り当てダイアログ-保存

なお保存時の「マクロ登録の内容も補完しますか?」のメッセージ対し[はい] を選択すれば、マクロの登録内容も保存することが出来ます。
注意 保存されるのは、登録内容だけです。マクロファイルは、別途バックアップする必要があります。

強調表示

「その他」→「ファイルタイプ別の設定」の「デザイン」から、「保存/読込」 ボタンで行います。ファイルは「設定ファイル用フォルダ」に保存されます。 (未設定の場合は、秀丸エディタをインストールしたフォルダ)

キー割り当て

秀丸エディタ本体の機能拡張にあわせ、強調表示ファイルには、現在は以下の定義(設定)を保存/読込することが出来ます。

  • カラー設定
  • 強調表示一覧
  • 複数行の定義
  • ツリー定義
  • #ifdef等の詳細
上記を含めたほぼ全ての設定

秀丸エディタ本体メニューより、設定の保存/復元をおこないます。「その他」-「設定内容の保存/復元」

設定内容の保存/復元

  • 注意
    レジストリの復元は、レジストリファイルのダブルクリックでも可能ですが、秀丸エディタを終了させた状態で、実行して下さい。 (なるべく、「設定内容の保存/復元」から行いましょう)

なお送金したかどうかは保存されませんので、暗証番号は、別途紙に書き留めるなどして保存しておいてください。また各々の拡張子「key」「hilight」「hmereg」は、付いていなければ自動的に付加されます。

参考資料(外部リンク)


[補足]

秀丸エディタ本体で、保存できるのは設定だけです。マクロを実際に動かすには、マクロファイル自体が必要です。その為、「キー割り当てとマクロ登録」の設定と共にマクロファイルも保存し、移行させる必要があります。

使用状態にもよりますが、マクロファイルだけではなく、以下のファイルも保存/移行させる必要があります

  • 標準添付以外に追加した変換モジュール
  • 標準添付以外に追加した強調表示ファイル(レジストリファイルに含まれる場合もあります)
  • 単語補完用ファイル
  • マクロで使用する外部DLL等

また、秀丸パブリッシャーを使用していて、テンプレートを編集/作成していた場合は、テンプレートファイルも移行対象になります。テンプレートの保存場所に関しては、秀丸パブリッシャーについて-テンプレートの注意点を参照してください。


←前へ 次へ→ 機能別Q&A 質問番号順Q&A