last updated:2021/10/09

Hidemaru Q and A

第VI部〜秀丸エディタ拡張モジュール
 秀丸パブリッシャー


秀丸パブリッシャーとは?

秀丸エディタ本体にも印刷機能がついていますが、機能は多くありません。

秀丸パブリッシャーを使う事で、以下の事が可能になります。

秀丸パブリッシャーは「持ち出しキット」で使用している場合や、ストアアプリ版秀丸エディタでも使用可なVer.5.00 が公開されていますが、秀丸エディタ Ver.8.00以上が必要です。

秀丸エディタ Ver.8.00未満の場合は、秀丸パブリッシャーのVer.4系を使用してください。ただし、「持ち出しキット」や「ストアアプリ版」では使用できません。

以降の説明は、「Ver.5.02以降」を前提にしています。

【1】ダウンロード、インストールと秀丸エディタ本体の設定

ストアアプリ版の場合

秀丸パブリッシャーは、以下の場所から入手可能です。

秀丸パブリッシャー自体は、フリーソフトウェアです。秀丸エディタ Ver.8.00 以上で使用する事が推奨されています。

インストールファイルは、64bit/32bit共通です。

インストール実行

ダウンロードしたファイルを実行するとインストール先を聞かれます。

インストール先の設定

インストールが完了すると、秀丸エディタ本体の設定を変えるようメッセージが表示されるので、「動作環境」から設定を変更しましょう。

最終メッセージ

「ストアアプリ版」でも、使用するには「動作環境」から設定を変更する必要があります。

秀丸エディタ本体側の印刷設定

【2】印刷するには

設定が多いですが、普通に印刷するだけなら、以下の2箇所を設定・確認後、印刷範囲・印刷部数を確認し、「印刷」ボタンを押すだけです。
(デフォルトでテンプレートは「_標準印刷」が選択されています)

注意

【3】印刷フォーマットを指定して印刷したい

ファイル名の表示やページ番号の印刷は「本文BOX」の設定で可能ですが、テンプレートを編集する事で以下の事が可能になります。

テンプレートの簡単な説明

テンプレートの編集

では、テンプレートを実際に作成・編集してみましょう。

テンプレート名が表示されている箇所の横にある、「...」ボタンを押して、テンプレートの一覧画面を表示させます。

テンプレート一覧表示ボタン

この画面で、テンプレート新規作成、コピー、削除等が可能です。今回は"_標準印刷"をコピーして、"テスト用"という名前でテスト用のテンプレートを作り、編集していきます。

テンプレート一覧ダイアログ

テンプレートは、用紙の上から順番に、以下の校正で作成します。

まずは、用紙と、余白を設定してください。

「レイアウト編集」ボタンを押すと、編集画面が開きます。初期状態では、マージンいっぱいまで、本文BOX が配置されているだけです。

  1. 他のBOXを配置するために、本文ボックスの高さを適当に変えて、BOXを配置する場所を作ります。 BOXは、重ねる事が可能なので、ずらさないと印刷時に重なってしまいます。
    レイアウト-本文BOX

  2. ファイル名表示用のBOXを追加します。新規のBOXを追加する方法は以下になります。

    • 余白部分の右クリックメニュー

      レイアウト-BOXの追加

    • 編集画面のツールバー

      レイアウト-BOXの追加

    「BOXを新規に追加」を選択すると、レイアウト編集画面に「BOX」が追加されます。

    BOXを選択しダブルクリックすると、プロパティが開き、フォントや表示する内容などを設定する事ができます。プロパティ画面の設定に関しての詳細は「ヘルプ」を参照の事。

    レイアウト-BOXのプロパティ

    今回はファイル名を表示するので、「属性」を「ファイル名(フルパス)」にし、フォントやサイズ、スタイルは、好みにあわせて設定を行います。

    レイアウト-属性の設定

    設定後、「OK」ボタンを押すと、設定内容に合わせBOXの表示が変わるので、設定内容の確認ができます。

    「左」と「上」で座標を、「幅」と「高さ」でサイズの指定が可能ですが、マウスを使用しBOX自体を動かしたり、サイズを変更する事も可能です。

  3. 同様に、ファイルの作成日時、印刷日時、ページ番号用のBOXを追加していきます。

    「属性」をそれぞれ

    • ファイルの作成日時は「タイムスタンプ」
    • 印刷日時は「時間」
    • ページ番号は「ページ番号」

    に設定してください。

    ファイルの作成日時、印刷日を選択した場合、書式に「YYYY/MM/DD(W) hh:mm:ss」がセットされます。書式に指定されている文字の詳細は、「ヘルプ」ボタンを押すと表示されるヘルプで、確認する事ができます。

  4. ここでレイアウト編集画面を閉じ、プレビューで確認します。

    "ファイルの作成日時"と"印刷日時"を追加しましたが、ぱっと見でどちらが何の日時なのかわかりません。
    プレビュー1

    そこで、各日時の前に"ファイル作成日:"と"印刷日時:"という文字を追加し、年月日の表示も変更します。
    プレビュー2

    年月日の表示を変更するには、「書式」を変更します。

        変更前の「書式」 YYYY/MM/DD(W) hh:mm:ss
        変更後の「書式」 YYYY年MM月DD日(W曜日)

    文字を追加する方法は、いくつかあります。(例として「ファイルの作成日時」の場合)

    • "ファイルの作成日時"を表示しているBOXの前に新たにBOXを追加し、「属性」は"通常のテキスト"、「テキスト」に"ファイル作成日:"を指定する。

    • BOXのプロパティにある、「属性」はそのままで、「書式」を変更する。

      変更前の「書式」 YYYY年MM月DD日(W曜日)
      変更後の「書式」 ファイル作成日:YYYY年MM月DD日(W曜日)
    • BOXのプロパティにある、「属性」を"通常のテキスト"とし、「テキスト」を変更する。

      変更後の「テキスト」 ファイル作成日:%timestamp%

      「テキスト」中に「属性」の内容を取り込みたい場合は、「属性を示す文字列」を%で囲みます。(例:%filename%)
      %で囲む場合は、「属性を示す文字列」は全て小文字で記述する必要があります。

      OK:%filename%
      NG:%FILENAME%
      NG:%FileName%
      「属性」と「属性を示す文字列」
      属性 属性を示す文字列
      ファイル名(フルパス) filename
      ファイル名 basename
      ディレクトリ名 directory
      ページ番号 pagenum
      時間 date
      タイムスタンプ timestamp

      「属性」が"通常のテキスト"の場合、「テキスト」の内容が、「属性を示す文字列」と一致してしまうと、その内容が表示されてしまいます。 (「属性」"通常のテキスト"で、「テキスト」が filename だと、フルパスが表示される)

      大文字小文字は無視、前後の空白も無視されるので、FileName 等でも一致してしまいます。空白以外の文字があると大丈夫です。

      テキストが「filename」や「FILENAME」だと フルパスに変換される。
      テキストが「filename:%filename%」だと問題ない。

      「時間」や「タイムスタンプ」の場合、表示される書式は、一度も書式を設定したことのない場合はデフォルト値(「YYYY/MM/DD」)が、以前書式を設定したことがある場合は、その書式が使用されます。

  5. 後は実際に印刷かプレビューで結果を確認し、修正箇所があれば、再度テンプレートを修正してください。

以上、簡単ですがテンプレート作成例です。今回、本文BOXは1個でしたが、2個にして、冊子印刷も可能です。詳細は秀丸パブリッシャーのヘルプを参照してください。

【4】テンプレートの注意点


目次に戻る