last updated:2021/08/02

Hidemaru Q and A

第II部〜知っていると便利な秀丸の機能
 縦書き


縦書き

秀丸エディタ Ver.5.00以降では、「縦書き」ができます。

[解説]

「縦書き」は、現状の設定を一時的に縦書きにする方法と、縦書き用の「ファイルタイプ別の設定」を作る方法があります。

縦書き用にフォント 行間 文字間等細かい箇所まで設定したい場合は、「ファイルタイプ別の設定」を作るのがいいでしょう。

ファイルタイプ別の設定」は拡張子と関連付ける必要があります。全てのテキストファイルを縦書きにするなら、".txt" と「縦書き用設定」を関連付けすればいいのですが、そうでない場合は、縦書き用の拡張子を別途決めて関連付けしてください。

設定

「縦書き」の設定は、「ファイルタイプ別の設定」で行います。

縦書きの設定

「詳細」ボタンを押すと、ダイアログが表示され細かい設定も可能になっています。必要に応じて設定してください。通常、縦書きになるのは全角文字だけですが、半角文字も対象にしたり半角数字を漢数字に変換して表示できます。

縦書きの詳細

  • 全部OFF
    縦書き状態

  • ☑行番号も縦書き
    縦書き、行番号も縦書き状態

  • ☑半角も縦書き
    縦書き、半角も縦書き状態

  • ☑縦中横
    縦書き、縦中横状態

  • ☑半角も縦書き ☑半角漢数字
    縦書き、半角、半角漢数字状態

印刷

秀丸エディタから縦書きで印刷したい場合は、「秀丸パブリッシャー」が必要です。

「秀丸パブリッシャー」の詳細は、「第VI部〜秀丸エディタ拡張モジュール 秀丸パブリッシャー」を参照してください。

テンプレートの「本文BOX」-「縦書き」設定で、縦書きモードが「秀丸エディタと同じ」であれば、秀丸エディタ本体側の横書き・縦書きの状態が反映されます。

秀丸パブリッシャー-秀丸エディタと同じ

[補足]

縦書きが変な場合

マクロで縦書き用の設定に切り替える方法

マクロを使えば、一時的な縦書きにしたり、拡張子に関連付けしなくても縦書き用の「ファイルタイプ別の設定」へ切り替える事ができます。

マクロの例1

ファイルの先頭に縦書きであることを示す文字列がある場合、縦書き用の「ファイルタイプ別の設定」を設定します。

  • 条件
    • 対象の拡張子は、".txt"のみ。
    • 縦書き用の「ファイルタイプ別の設定」をあらかじめ作っておくこと。
    • ファイルの先頭に縦書きであることを示す文字列を入れておく。(例では"[tategaki]"という文字列)
  • 制限
    • ファイルタイプ別の設定」が一時的なものになる。
//縦書き用の設定名
$FileTypeName = "縦書き";
//縦書き識別用の文字列
$SearchString = "[tategaki]";

//テキストファイルか確認
if(filetype == ".txt"){
    //取り込む文字数の設定
    #len  = 255;
    //先頭行を取り込む
    $CheckString = gettext(0, 0, #len, 0, 0, 0);
    
    //識別用文字列があるか確認
    //指定文字が含まれる場合
    if(strstr($CheckString, $SearchString) > -1){
        //設定を切り替える
        configset $FileTypeName;
    }
}
endmacro;
マクロの例2

ファイルが特定のフォルダ以下にある場合、縦書き用の「ファイルタイプ別の設定」を設定します。

  • 条件
    • 対象の拡張子は、".txt"のみ。
    • 縦書き用の「ファイルタイプ別の設定」をあらかじめ作っておくこと。
    • 縦書きのファイルがあるフォルダを指定する。
  • 制限
    • ファイルタイプ別の設定」が一時的なものになる。
//縦書き用の設定名
$FileTypeName = "縦書き";
//縦書き用のフォルダを指定する
$SearchString = @"C:\tategaki";

//テキストファイルか確認
if(filetype == ".txt"){
    
    //ファイルに指定されたパスが含まれるかチェックする
    if(strstr(directory, tolower($SearchString)) == 0){
        //設定を切り替える
        configset $FileTypeName;
    }
}
endmacro;
マクロの例3

一時的な縦書きにする場合は、上記2つのマクロの一部を変更します。

  • 修正前

    //設定を切り替える
    configset $FileTypeName;
  • 修正後

    //一時的に縦書きへ変更する
    #main = hidemaruhandle(0);
    #WM_COMMAND = 0x0111;
    #tategaki_switch = 341;
    #n = sendmessage(#main, #WM_COMMAND, #tategaki_switch, 0);

ページトップ 目次に戻る