last updated:2021/08/02

←前へ 次へ→ 機能別Q&A 質問番号順Q&A


[HMM0041A]

●文字列型変数の扱う文字列の限界

Q.
ヘルプには「文字列型変数の扱える文字列は,長さが8000バイト程度までのものなら自由な内容を記憶することができます。ただし,NULL文字を含むことはできません。」とあります。もっと多量の文字列を扱いたい場合はどうするんですか?

A.

秀丸エディタVer.8.00より、文字変数の上限サイズが変更になっています。文字変数全体で、最大1Mバイト(変数管理領域を含む)が、上限になります。文字変数が1個なら、ほぼ1Mバイト使えます。使用する文字変数が多くなれば、個別に使用できるサイズの上限は、各変数の使用状況によります。

秀丸エディタVer.8.20β25 より、文字変数の上限サイズを、ユーザー側で設定可能になりました。「その他」-「動作環境」の「環境」-「メモリ関係」にある「マクロの変数の上限」で設定できます。設定可能範囲は1M〜64Mバイトです。(デフォルトは1Mバイト)

文字列を直接代入する場合等には、まだ上限が存在します。(Ver.8.66未満は4KB、Ver.8.66以降は64KB) 詳細は秀丸エディタマクロヘルプの 変数の使い方を参照して下さい


←前へ 次へ→ 機能別Q&A 質問番号順Q&A