last updated:2022/06/08

Hidemaru Q and A

第III部〜秀丸マクロのいろはにほへと
 秀丸エディタVer.8 マクロ関連の変更履歴


秀丸エディタVer.8.00 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、秀丸エディタの紹介(Ver8.00対応版)を参照してください。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.00

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.00

  • 追加キーワード

    platform
    settingdir
    backupdir
    compfilehandle
    outlinehandle
    lineselecting
    selectionlock
    mouseselecting
    scrolllinkhandle
    xpixel
    ypixe
    formwidth
    formline(整形ラインの表示の有無)
  • 追加関数

    • マクロ引数

      getarg
    • 静的変数関連

      setstaticvariable
      getstaticvariable
    • 整形関連

      form
      unform
      showformline
    • レジストリ操作

      getregbinary
      writeregbinary
    • カラーマーカー関連

      colormarkerdialog
      deletecolormarker
      deletecolormarkerall
    • 文字列操作関連

      wcslen
      wcsleftstr
      wcsrightstr
      wcsmidstr
      wcsstrstr
      strrstr
      wcsstrrstr
      byteindex_to_charindex
      charindex_to_byteindex
      wideindex_to_charindex
      charindex_to_wideindex
    • DLL関連

      dllfuncw
      dllfuncstrw
      loaddll(関数版)
    • 検索関連

      searchoption2
      findspecial
    • 内容比較関連

      prevcompfile
      nextresult
      prevresult
    • クリップボード関連

      getclipboardinfo
      copyformed
      poppaste2
      cutline
      cutword
    • カーソル移動関連

      backtab
      forwardtab
      moveto2
      gotagpair
    • ウィンドウ関連

      fullscreen
      refreshoutline
      refreshtabstop
    • ブックマーク関連

      loadbookmark
      savebookmark
    • その他

      getresultex
      seterrormode
      deletefile
      quitall
      autocompstate
      deleteline2
      beginlinesel
      charcount
      showcharcount
      runex
      help4
      help5
      help6
      enablebreak
      disablehistory
  • 自動起動マクロの追加

    アクティブ切り替え後
  • COM関係追加

    createobject
    getobject
    callmethod
    callmethod_returnstr
    callmethod_returnnum
    callmethod_returnobj
    getpropstr
    getpropnum
    getpropobj
    member
    setpropstr
    setpropnum
    setpropobj
    releaseobject
    getcollection
    sleep
    keepobject
  • ファイルマネージャー枠(HmExplorerPane.dll)関数

    SetMode
    GetMode
    LoadProject
    SaveProject
    GetProject
    GetWindowHandle
  • アウトライン枠(HmExplorerPane.dll)関数

    Output
    Push
    Pop
    GetWindowHandle
  • 変更、パラメータ追加等

    getcolormarker で行末
    colorcode で行末
    menu でセパレータ
    openbyshellでresult
    openfile で不足分のエンコード指定, wb ws 指定
    windowstate2 全画面表示かどうか
    print ダイアログを出す
    appendsave パラメータ対応
    split 新タイプ,左右
    savedesktop restoredesktop ファイル名指定
    updated 他の秀丸エディタからも取得
    loadkeyassign savekeyassign 設定ファイル用のフォルダ
    clearcliphist 指定項目削除
    setcompatiblemode 貼り付け後のカーソル位置
    scrolllinkでウィンドウ指定
    insert文で\x0d \x0aを正確解釈するパラメータ
    replaceall等の数値指定と合わせて、inselectも指定できるように
    execmacroでパラメータ渡し
    nextcompfileの追加パラメータ
    compfileの追加パラメータ
    grep文の追加パラメータ
    setsearchの追加パラメータ
    geteventparam(2)の戻り値
    fontmodeは、固定ピッチフォントでもTSV/CSVモードであればプロポーショナル扱いに
    文字列型変数のサイズを大きくする
    loaddll関数,dllfunc等で複数扱えるように

秀丸エディタVer.8.10 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.10

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.10

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.10

  • 追加キーワード

    formline(整形ラインの表示の有無)
  • その他

    マクロ実行時、常駐秀丸のメニューから中断できるようにする。

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.10

  • 変更、パラメータ追加等
    • saveconfig文で一時的な状態のアウトライン解析の枠も保存するようにする。
    • setfilehistで空の文字列で最後のヒストリを消した場合、レジストリにゴミを書かないようにする。

秀丸エディタVer.8.11 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.11

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.11

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.11

  • その他
    • dllfuncのパラメータで、16KBの制限を無くす。
    • openbyhidemaruで開かれた秀丸エディタにマクロの切り替えが移らなかったのを修正。

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.11

  • 変更、パラメータ追加等

    searchdownしたときもprevposの直前の位置の対象にする。

秀丸エディタVer.8.12 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.12

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.12

  • その他
    • マクロの実行時のエラーが出たとき、逆コンパイルした内容を表示する。
    • run文などでプログラム実行中にプログラム実行を中断した場合はマクロも終わらせる。

秀丸エディタVer.8.20 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.20

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.20

  • 追加
    • allowobjparam 文
    • selopenx, selopeny キーワード
  • 変更、パラメータ追加等
    • カーソル移動後タイマーのイベントマクロで、geteventparam(4)にて、どのようなコマンドによってカーソル移動したかが分かるようにした。
    • 「setcompatiblemode 0x20000;」を設定した場合、マクロ内で検索系コマンドを実行しても、マクロが終了したら自動的に検索条件が元へ戻るようにした。
  • その他
    • マクロのfilter文およびfilter関数で、変換モジュールの名前の「.hmf」または「.hmf64」を省略して指定しても大丈夫なようにした。
    • 正規表現での置換の時に、(0,ToUpper)のような形で変換モジュールの関数呼び出し出来るようにした。
    • 「動作環境」で、マクロ変数の上限サイズを指定出来るようにした。

秀丸エディタVer.8.30 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.30

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.30

  • 追加

    • HmExplorerPane.dll に GetUpdated関数追加。
    • cutafter 文
    • getautocompitem 関数
    • selectcolumn 文
    • lineupdated キーワード
  • 変更、パラメータ追加等

    • undo命令のパラメータで数値の3を指定したら、「動作環境・編集・全置換のやり直し」の方法で undo するようにした。
    • nextoutlineitem,prevoutlineitemで、パラメータを指定して「自動的な選択/部分編集の対象」がOFFの見出しにもジャンプできるようにする。
    • platform キーワードで、持ち出しキットで動作中かどうかのビット追加。
    • copyword にパラメータを指定して連続した単語を指定可能にする。
    • filetype キーワードでプログラム実行中のウィンドウは"executing"を返すようにする。
    • setcompatiblemode 0x80000;でマクロ実行後にもカーソル移動後と編集後の自動起動マクロを動かせるようにする。
    • getsearchhist,setsearchhist で常駐の状態を取得/設定できるようにする。
    • getsearchhist,getreplacehist で-1を指定することで最大数を取得できるようにする。
    • setsearchhist,setreplacehist で第3パラメータに2を指定することで使用数を設定できるようにする。
    • grep, grepdialog2 文で、エンコード指定と searchoption2 相当の値を数値でパラメーター指定できるようにする。
    • ファイルを開いた直後、アクティブ切り替え直後の geteventparam で、タグジャンプによって開かれたかを判断できるようにする。
    • autocomplete 文の第一パラメータで10以上も指定できるようにする。
    • runex で標準出力のパラメータに8を指定して、アウトプット枠へ追加できるようにする。
    • getautocompitem は範囲選択を解除しないようにする。
    • getautocompitem でカーソル位置が移動しないようにする。
    • selectcolumn は、パラメータ省略時はカーソル位置のカラムを選択する。
    • getcolormarkerで幅ゼロまたは終端の情報を取得できるようにするパラメータ追加。
    • setencode の第3パラメータでBOMを指定できるようにする。
    • localgrep で searchoption2 相当のフラグを数値指定できるようにする。
  • その他

    • BOX選択でも一時的なカラーマーカーとcolormarker文を適用可能にする。
    • colormarker文などでレイヤーを持たせることができるようにする。
    • マクロの変数が多いときの速度改善。

秀丸エディタVer.8.40 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.40

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.40

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.40

  • 追加

    • colormarkerallfound 文 検索でマッチする箇所を色付けする。
    • selectcolormarker 文 カラーマーカーをつけた箇所を選択する。(複数あれば、複数選択となる)
    • invertselection 文 範囲選択箇所を反転する。(範囲選択した箇所と、それ以外の箇所を入れ替える)
    • 複数選択関連
      • multiselecting キーワード 複数選択しているか
      • reservemultisel 文 選択範囲を複数選択の候補に設定する
      • selectreservedmultisel 文 「reservemultisel 文」で「複数選択の候補」に設定した箇所を、複数選択状態にする。
      • clearreservedmultisel 文 選択範囲を「複数選択の候補」から解除する。
      • clearreservedmultiselall 文 すべての「複数選択の候補」を解除する。
      • selectallfound 文 現在の検索条件にマッチする箇所を、すべて複数選択状態にする。
      • tomultiselect 文 現在の範囲選択を複数選択に切り替える。(複数行選択していた場合は、改行を区切りにして複数選択になる)
  • 変更、パラメータ追加等

    • beginlinesel 範囲選択が含まれる行すべてを行単位の選択にしてから、行選択モードに移る。

    • copyline パラメータに1を指定すると、範囲選択が含まれる行を、すべて行選択にしてコピーする。

    • cutline パラメータに1を指定すると、範囲選択が含まれる行を、すべて行選択にしてカットする。

    • selectline パラメータに1を指定すると、範囲選択が含まれる行を、すべて行単位にそろえて選択する。

    • colormarker パラメータに開始位置と終了位置を指定可能にした。(範囲選択していなくても、指定した箇所にカラーマーカーをつける)

    • existfile 第二パラメータに2を指定すると、ファイルサイズを取得可能にした。

      ファイルサイズは、マクロの数値範囲である2G(2147483647)が最大となる。
      存在しないファイルを指定した場合は、0(zero)が取得できる。
    • setcompatiblemode 0x00100000; で、複数選択対応。

    • colormarker文で、スタイルに-1を指定もできるように修正。

    • runex プログラム実行のパラメータにUTF-8を追加。

    • run文のコマンドラインに%cや%lを書けるように修正。

      %l:カーソル位置の行番号(先頭が1)
      %c:カーソル位置の桁位置(行頭が1)
  • その他

    • colormarkerallfound の デフォルトで(未指定時に)使用されるレイヤー名は、"#allfound"というレイヤー名になる。カラーマーカー関連の命令では、このレイヤー名を指定するか、"findmarker"というオプション指定することにより、操作可能。

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.40

  • 複数個所の同時選択&同時編集対応。
  • マクロファイル用のフォルダ、設定ファイル用のフォルダ設定で、環境変数を使用可能にした。

秀丸エディタVer.8.50 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.50

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.50

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.50

  • 追加
    • autospellcheckswitch 文 自動スペルチェックの切り替え。
    • spellcheckdialog 文 スペルミスの修正 ダイアログの表示
    • stophistoryswitch 文 ヒストリの記録を中断
    • selectword2 文 単語選択(全部) (V6.50以降の動作)
    • wordright2 文 単語右(V6.50以降の動作)
    • wordrightsalnen2 文 単語右(サルネン風) (V6.50以降の動作)
    • COMPFILE文をマクロヘルプに追記。
  • 変更、パラメータ追加等
    • casechange文 パラメータで対象文字指定の対応。
    • toupper, tolower関数で対象文字指定の対応。
    • tolower, toupper文にパラメータ指定を追加。
    • forwardtab,backtabでカーソル移動したかどうかでresultが設定されるように修正。
    • saveall文にパラメータを指定できるようにして、無題ファイルを除外できるように修正。
    • deletecolormarker文で、ユーザーデータを指定して範囲選択せずに直接消すパラメータの対応。
    • nextresult, prevresultにパラメータ追加して、対象を指定できるように修正。
  • その他
    • マクロファイルのUTF-8(BOM付き)対応。

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.50

  • 「UPPER CASE」「lower case」「大文字<->小文字の変換」コマンドはアクセント記号などが付いたものも対象にするように修正。

秀丸エディタVer.8.52 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.52

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.52

  • 追加
    • マクロの文字列で8桁の16進数で4バイトのUnicodeを記述できるように対応。

秀丸エディタVer.8.54 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.54

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.54

  • 追加
    • setfiletype 文 ファイルタイプ別の設定を識別するための拡張子を設定。
    • setconfigstate 文 ファイルタイプ別の設定の状態を指定。
    • quote 関数 正規表現のメタ文字をエスケープした文字列を返す。
    • splitpos キーワード ウィンドウの分割されている場合、分割位置を表す。
  • 変更、パラメータ追加等
    • split文で明示指定するパラメータ追加。
    • nextpage、 prevpage でパラメータ指定して、「スクロールしてもカーソル位置を固定」モードに明示的にできるようにするように修正。
    • config "x"で指定できるものにBlockquoteFix(指定桁数をインデントする)を追加。
    • macrohelp文で、パラメータにキーワードを指定して開くことができるように修正。
    • insert文の第2パラメータに2を指定可能にして、自動アンインデントの対応。
    • saveconfig文で「折りたたみ用の余白」の一時的な状態を解除されるように修正。
    • insert文のパラメータ2またはoverwrite文の改行コードの処理は、 insert文のパラメータなしと同様に"0d0a"を1つの改行として解釈するように修正。
    • overwriteとinsert $a,2;のサロゲートペア対応。
    • goto文、call文のラベルに文字列変数を指定して、文字列変数をラベル名にジャンプできるように修正。

秀丸エディタVer.8.56 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.56

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.56

  • 追加
    • sprintf 関数 文字列書式に従った文字列を返す。
    • settargetcolormarker 文 追加の条件の「指定の範囲/カラーマーカー内」が有効な場合、対象となる範囲(レイヤー)を指定。
    • targetcolormarker キーワード settargetcolormarkerで指定されている文字列を取得。
    • writeinistrw, writeininumw, getinistrw, getininumw を追加。(iniファイル関連のUnicode対応版)
    • DDE関連マクロのUnicode版を追加。
    • colormarkersnapshot 文を追加。 現在のカラーマーカーの状態をやり直し可能にする。
    • getresultex(15)で置換の確認ダイアログがどのようにして閉じられたかを得られるようにした。
  • 変更、パラメータ追加等
    • searchdown等に incolormarker パラメータを追加

    • searchoption2 で追加の条件で「指定の範囲/カラーマーカー内」が有効かどうかの判定を追加

    • replaceallなどでaskオプション指定時、置換回数を result に入れるように修正。

    • searchdownなどの文で、数値として検索オプションを書く書き方で、2つ連続して書くと searchoption2相当も記述できるように修正。

      例:searchdown "a", #searchoption1, #searchoption2;

秀丸エディタVer.8.58 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.58

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.58

  • 追加

  • 変更、パラメータ追加等

    • setcompatiblemode で「前のカーソル位置」を変更させないフラグを追加。
    • saveas文とappendsave文にselectionオプションを追加
    • appendsave文で、ファイルが無いときは自動作成するように変更。
    • appendsave文でselectionオプションを付けているとき通常の範囲選択でないときはエラーになるように修正。
    • localgrep文でもoutputsingleとoutputsametabが働くように修正。
    • setcompatiblemodeの「貼り付け後のカーソル位置」のフラグを、insertfileでも適用するように修正。

秀丸エディタVer.8.60 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.60

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.60

  • 追加

    • beginrectmulti文 BOX範囲選択開始(複数選択化)
  • 変更、パラメータ追加等

  • その他

    • configset文で文字列をうまく解釈できないことがあるバグ修正。

秀丸エディタVer.8.62 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.62

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.62

  • その他
    • openbyshell文で、ダブルクォーテーションでくくった場合に動作しないバグ修正。

秀丸エディタVer.8.66 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.66

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.66

  • 追加
    • setdlldetachfunc文 DLLが解放されるタイミングで呼び出される関数を設定します。
    • codepageキーワード 現在のエンコードの種類に対応するコードページ
    • 外部DLLから秀丸エディタのテキスト取得などをできるエクスポートされた関数を追加。
      • Hidemaru_GetTotalTextUnicode関数 テキスト全体のメモリ確保して返す。
      • Hidemaru_GetLineTextUnicode関数 指定した行番号に対応するテキスト内容をメモリ確保して返す。
      • Hidemaru_GetCursorPosUnicode関数 カーソル行とカーソル桁の位置を取得。
      • Hidemaru_CheckQueueStatus関数 キー入力があるなどの理由で処理を中断するべきかを返す。
      • Hidemaru_GetSelectedTextUnicode関数 範囲選択のテキスト内容をメモリ確保して返す。
      • Hidemaru_EvalMacro関数 指定したテキストのマクロを実行。
      • Hidemaru_GetDllFuncCalledType関数 dllfunc等が呼ばれているとき、どのような呼ばれ方をしているかを取得。
    • マクロの文字列でR"(文字列)"またはR"xxx(文字列)xxx"といったエスケープなしの書き方に対応。
    • eval文追加。
    • multiselectcountキーワード追加。 複数選択時、選択されている個数を表します。
    • setcompatiblemode関数追加。setcompatiblemode文と同じ、戻り値として直前の値を返す。
    • compatiblemodeキーワード追加。setcompatiblemode の状態を示す。
  • 変更、パラメータ追加等
    • setcompatiblemode に0x00800000を追加してdisabledraw時の検索後のカーソル状態が正しくなるように修正。
    • seltopxなどで添え字を付けて複数選択の各選択の場所を得られるように修正。
    • execmacroでパラメータを配列と数で指定できる方式を追加。
    • config文の xColorComment で指定で自動判定に相当するものを追加。
    • getclipboardとgetfocusはパラメータなしの関数の書き方として呼び出してもいいように修正。
    • input関数で第1パラメータの文字数や行が多い場合ある程度ダイアログを大きくするように修正。
    • 変換モジュールまたはDLL向けの秀丸エディタへのメッセージでファイル名を取得できるHIDEMARUINFO_GETFILEFULLPATHを追加。
  • その他
    • マクロで#a=#b #c;のような記述間違いで警告を出すように修正。
    • filename3 などがUnicodeを含むファイル名のとき、短縮ファイル名にならない問題修正。
    • マクロの文字列で意味の無いエスケープ文字で警告を出すように修正。
    • マクロで式がおかしいときのエラーで英数字だけでなく表示できる文字はエラーのメッセージ内に表示する修正。
    • sprintf関数で64bit版の場合は%lldや%I64dなどの書き方は制限しないように修正。
    • 64bit版でマクロのビット演算子の修正。

秀丸エディタVer.8.67 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.67

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.67

  • その他
    • 32bitの浮動小数点数版でHidemaru_GetDllFuncCalledTypeが正しくないバグ修正。
    • 64bitの浮動小数点数版でDLLの呼び出しがうまくできていないバグ修正。

秀丸エディタVer.8.69 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.69

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.69

  • その他
    • seltopx[n]など複数選択のとき、タブ文字の計算がずれるバグ修正。
    • UTF-8のマクロファイルで$a=hex('あ');などを実行するとエラーになるバグ修正。
    • getautocompitemのバグ修正。
    • getconfig("AutocompFlag2")の誤り修正。

秀丸エディタVer.8.71 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.71

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.71

  • 追加
    • message関数追加。
    • savebacktagjump文追加。
  • 変更、パラメータ追加等
    • message文でタイトルやフラグのパラメータを指定できるように修正。
    • geteventparamで破棄して終了による終了かどうかを知ることができるように修正。
    • event==0のときseteventnotifyで枠にフォーカスがあるときにキー操作を続行するかどうかを追加。
    • getcolormarkerで、先頭から数えて何番目にあるカラーマーカーか取得できるように修正。
    • multiselectcountで複数選択の数を取得するとき一時的な選択状態は変化させないように修正。
    • wordleft2, wordright2, wordrightsalnen2でresultは変化するように修正。
    • ascii関数で第2パラメータを指定して変換できない文字で0を返す動作を追加。
    • spellcheckdialog文で、操作結果をgetresultexで取得できるように修正。
  • その他
    • multiselectcountでBOX選択1つのときに落ちるバグ修正と、BOX選択の維持の修正。
    • 標準の変換モジュールをマクロのfilterで使うとき、マクロファイルがUnicodeの場合に文字列をうまく解釈できない場合があるバグ修正。

秀丸エディタVer.8.73 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.73

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.73

  • 追加
    • エクスポートされた関数にHidemaru_GetCursorPosUnicodeFromMousePosを追加。
    • エクスポートされた関数にHidemaru_GetCurrentWindowHandleを追加。
  • 変更、パラメータ追加等
    • マクロでseterrormodeのパラメータを追加して、一般的なOKだけがあるメッセージを抑制するオプション追加。
    • setcompatiblemodeにdllfunc等でもPer-Monitor DPI対応で動作させるフラグ追加。
    • runex文にパラメータを追加して、ファイル名の%fなどの解釈をしない指定の対応。
  • その他
    • appendsaveのselectionオプションで折り返しがあると異常終了するバグ修正。
    • 起動オプション/x?を追加(マクロ実行中は何もしない)。

秀丸エディタVer.8.75 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.75

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.75

  • 追加
    • dllfuncexist関数追加
    • マクロ実行するメッセージ関連を追加。(WM_ISMACROEXECUTING,WM_REMOTE_EXECMACRO_FILE,WM_REMOTE_EXECMACRO_MEMORY)
    • setoutlinesize文とoutlinesizeキーワードを追加。
    • prevposx,prevposyキーワード追加。
  • 変更、パラメータ追加等
    • savedesktop文とrestoredesktop文にパラメータを追加して仮想デスクトップごとを許可するかどうの対応。
    • message文でタイムアウトするパラメータ追加。
    • autocompstateキーワードに、英字の文字入力の直後でカーソル移動していない状態かどうかを判断するフラグを追加。
  • その他
    • run文で引数の文字数が多くて切れるようなケースではエラーとなるように修正。
    • colormarkerallfound文 で見出しバーが無いとき、画面全体がちらつく問題修正。

秀丸エディタVer.8.77 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.77

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.77

  • 追加
    • アウトプット枠のHmOutputPane.dllの関数にSetBaseDirを追加。
  • 変更、パラメータ追加等
    • run文で引数も含めて約8KB分のコマンドラインを使えるように修正。
    • debuginfo 2;とするとdebuginfoでの文字列の出力はアウトプット枠にも出力するように修正。
    • setdlldetachfuncで指定して呼ばれる関数に、どのような理由で呼ばれたかを表すパラメータを追加。
  • その他
    • showvarsで配列の角括弧の後半が無い問題修正。
    • マクロの文の記述に半角括弧を使った場合のエラーメッセージがおかしい点を修正。

秀丸エディタVer.8.79 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.79

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.79

  • 追加
    • deletefilehist文、filehistcountキーワード追加。
  • 変更、パラメータ追加等
    • setfilehistで、失敗したときはresultで判断可能なように修正。
    • openbyshellで「microsoft-edge:」から始まる文字列でEdgeが起動できない問題修正。
    • openbyshellで「"shell:〜"」から始まる文字列で、続いてパラメータが付加されているときの対応。
  • その他
    • マクロ登録ダイアログをリストビュー形式に変更。
    • マクロ登録ダイアログのマクロファイル用のフォルダに開くボタンを追加。
    • grepの実行/grepして置換のキー操作の記録はgrepdialog2/grepreplacedialog2として記録されるように修正。

秀丸エディタVer.8.81 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.81

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.81

  • 追加
    • movetoview文
    • xviewキーワード
    • carettabmodeキーワード
    • Shiftキーを押しながら矢印キーを押すことに相当する文を追加。shiftup, shiftdown, shiftleft, shiftright
  • 変更、パラメータ追加等
    • 起動オプション「/m3x」で既存の秀丸エディタに切り替わるとき、/xの組み合わせで/aの情報も引き継ぐように修正。
  • その他

秀丸エディタVer.8.83 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.83

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.83

  • 追加
    • filtermenu文
  • 変更、パラメータ追加等
    • setstaticvariable文で現在の秀丸エディタ用は32KBまでできるように修正。
    • colormarker文で任意の名前のレイヤーは32個までできるように修正。
    • selectcolormarker文にユーザーデータの指定のパラメータを追加。
    • config文の"x"で指定できるものにActiveTagPairを追加。
    • closenewしたときは動作環境の最初のフォルダの設定は働かないように修正(newfileは従来から働かない)。
    • setstaticvariableで個数の上限を超えたとき正しく失敗するように修正。
    • openregにパラメータを追加し、HKEY_LOCAL_MACHINE32bit/64bitを指定できるように修正。
  • その他

秀丸エディタVer.8.85 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.85

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.85

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.85

  • 追加
    • ファイルマネージャ枠のマクロのdllfuncstr用の関数で、HmExplorerPane.dllにGetCurrentDirを追加。
    • replaceallquick文
    • foundlist文
    • foundlistoutline文
  • 変更、パラメータ追加等
    • getcolormarker 関数で、第1パラメータに0x0100のフラグを追加し、表示に使われている名前付きレイヤーの情報を取得できるように修正。
    • insert文の第3パラメータでインデントの詳細設定を指定できるように修正。
    • selectcolormarkerで対象が無い場合にresultが変化するように修正。
    • menu文などのサブメニューの記述対応。
    • input関数に位置を指定するパラメータ追加。
  • その他
    • seterrormode の指定で、callでラベルが見つからないときにエラーを無視できるように修正。

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.85

  • マクロファイル用のフォルダと設定ファイル用のフォルダは、インストール直後の初期状態は%APPDATA%という環境変数を使って表現するように変更。
  • マクロ実行中は autocomplete -1; による操作は、リアルタイム入力無効となるように変更。

秀丸エディタVer.8.86 マクロ関連の変更履歴

Ver.8.86は、マクロ関連の変更はありません。

秀丸エディタVer.8.87 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.87

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.87

  • その他
    • Ver.8.85、Ver.8.86で、runsync文の待機中にしばらくすると待機が終わる問題を修正。

秀丸エディタVer.8.88 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.88

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.88

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.88

  • 追加
    • keypressedex 関数
    • tabcolumn キーワード
  • 変更、パラメータ追加等
    • inputchar関数で、第2パラメータでタイムアウトを指定できるように修正。
    • inputchar関数で、第3パラメータを指定して、タイトルを変更しないこともできるように修正。
    • selectcolumn文で行の範囲のパラメータ追加。
    • overwrite文のパラメータ追加。
    • getregstrでレジストリのMacroPathを取得する場合や、backupdirでフルパスとなる組み合わせの場合など、環境変数が展開可能な条件では自動的に展開されたものが取得されるように修正。
  • その他
    • マクロに書く固定の文字列の長さの最大は64KBから128KBまでに変更。
    • runex で表示フラグに非表示を指定の場合、実行後に秀丸エディタ本体を再アクティブにしないように変更。
    • config "xAutoAdjustOrikaeshi:0";で折り返しを固定にするとき、ウィンドウ幅や最大による現在の折り返しではなく、記憶されていた固定の折り返し文字数となるように変更。

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.88

  • filter文/filter関数で変換モジュールが見つからない場合や、指定された関数がみつからない場合に、 filter文ではデフォルトでエラー表示し、エラーが出ない場合やfilter関数では、getresultexで取得可能にした。
  • filter文で、変換モジュール名が拡張子なしの場合、[動作環境]→[編集]→[変換]で登録されていたフルパスを読み込むように修正。 (登録済みのモジュール内に、マッチするものがあればそれを使うようにした)
  • setfiletypeでファイルタイプを変更している場合、新規作成状態の名前を付けて保存のデフォルトの拡張子は、 setfiletypeで指定したものとなるように変更。
  • 起動オプション/rr /bbを追加(それぞれ/r /b 相当でファイルを閉じるまでは維持するモード)。

秀丸エディタVer.8.89 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.89

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.89

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.89

  • 追加
    • split 関数
    • setbackgroundmode 文
    • openfilepart 文
    • setmenudelay 文
    • screenleftx キーワード
  • 変更、パラメータ追加等
    • 自動起動マクロのカーソル移動後タイマーのgeteventparam(4)は、検索ダイアログで上検索/下検索したときも取得できるように修正。
    • カーソル移動後タイマーの自動起動マクロで、geteventparam(5)で最後に実行した上検索/下検索が成功していたかを取得できるように修正。
    • enabledrawの第2パラメータ追加。
    • searchdownでmask関係や 0x00800000 のビットが無いときは、追加の条件のフラグは維持するように修正。
    • 自動起動マクロの編集後タイマーで、geteventparam(5)で置換や複数選択入力を判断できるように修正。
  • その他
    • grep文で outputsingle のとき、一部の検索オプションが反映されないバグ修正。
    • openbyshellでUnicode独自の文字が含まれる場合の対応。
    • マクロ実行中のエラーは、マクロエラーだけでなく一般のエラーでも逆コンパイル内容を表示するように修正。(ただしexecmacroについては実行した次の行が対象)
    • writeinistrwでパスの区切りをスラッシュで書いた場合の対応(念のための対応で、他の処理はパスをスラッシュで区切ることは対応していません)
    • マクロの変数格納の速度の改善。
    • マクロの config "s数値"でサイズ変更した後に、フォントサイズの記憶状態がおかしい問題修正。
    • config文でフォントを変更してsaveconfigするとき、Unicodeのファイルで記憶されない問題修正。
    • crateobject後に他の秀丸エディタにアクティブ切り替えしたままマクロを終了するとメモリリークする場合がある問題修正。
    • nextoutlineitem/prevoutlineitemで、resultが得られるように修正。
    • deleteregの第3パラメータで64bit/32bitの明示指定が動作していない問題修正。

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.89

  • 「hilightファイル直接指定モード」を追加

秀丸エディタVer.8.90 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.90

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.90

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.90

  • 追加
    • setsplitinfo 文
    • prevposhistback prevposhistforward 文(「前のカーソル位置(戻る)」「前のカーソル位置(進む)」コマンド相当)
    • settabstop 文
    • gettabstop 関数
    • Hidemaru_AnalyzeEncoding 関数(DLL側から呼び出す秀丸エディタの関数)
    • Hidemaru_LoadFileUnicode 関数(DLL側から呼び出す秀丸エディタの関数)
    • outlineitemcount キーワード
    • getoutlineitem 関数
  • 変更、パラメータ追加等
    • setcompatiblemode でマクロ実行中にカーソル行の下線や縦線を描画できるフラグを追加。
    • saveconfig 文のパラメータを追加し、指定した設定名で保存できるように修正。
    • gettitle の第2パラメータを追加し、他の秀丸エディタからの取得もできるように修正。
    • clearallmark 文のパラメータ追加。1で「現在のファイルのマークを解除」を行う。
    • showvars も debuginfo で 2 を指定している場合はアウトプット枠へ出力するように修正。
    • codepageキーワードのUTF-32は12000(UTF-32LE)と12001(UTF-32BE)に変更。
  • その他
    • eplayキーワードがsearchdownの後におかしい問題修正。
    • configset文でステータスバーのファイルタイプ別の設定の状態が更新されるように修正。

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.90

  • 強調表示の文字列の上限を3999文字までに拡張

秀丸エディタVer.8.91 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.91

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.91

  • 変更、パラメータ追加等
    • colormarkerallfound でスタイルが指定できるように修正。
    • setsearch で追加の条件(0x00800000)がOFFにならない問題修正。
  • その他
    • 浮動小数点数バージョンでshowvarsの数値が出力されていなかった問題の対策として、小数点数以下3桁まで表示するように修正。

秀丸エディタVer.8.92 マクロ関連の変更履歴

秀丸エディタ本体の更新内容に関しては、以下になります。

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.92

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.92

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.92

  • 追加
    • findmarkerlist 文
  • 変更、パラメータ追加等
    • colormarkerallfound パラメータで範囲を指定できるように修正。
    • colormarker 種類フラグ 0x10のビットで、改行以降の余白にも背景色を指定できるように修正。
    • split関数 区切り文字に""を指定して一文字ずつに分割に対応。
    • openfile文 複数ファイル指定時、ファイル検索パスは働かないようにして、getresultex(20)と(21)を追加。
    • colormarker文、colormarkerallfound文で、種類のパラメータの上位16ビットで強調表示としての動作とできるように修正。
    • colormarkerallfoundでレイヤー付きの場合は検索の色付け一覧ダイアログには入れないように修正や、範囲指定時にうまくいかない問題などの修正。
    • openfile用のseterrormodeの値を追加して、ファイルが無い場合の問い合わせ、ファイル検索パスの問い合わせを指定できるように修正。 getresultex(22)の追加。
    • setcompatiblemode 0x08000000;で、他の秀丸エディタへマクロ切り替え禁止の動作の追加。
    • setcompatiblemode 0x04000000;で、execmacroのメモリ上の再利用の追加。
    • exemacroの拡張子を.mac.cacheにするとキャッシュファイルの自動生成のとなる動作の追加。
    • colormarker文の種類で強調表示の指定をしてるとき、ファイルタイプ別の設定の複数行コメントが「なし」でも動作するように修正。
    • colormarker文の種類で強調表示の指定をしてるとき、同じレイヤーでの上書きで強調の優先順位の適用と、特に強調で上書きしたときでもコメントや文字定数の判定ができるような修正など。
  • その他
    • マクロのinsertで強調表示がおかしいバグ修正。

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.92

  • 秀丸マクロのカラー表示の複数行コメントと複数行文字列対応。

秀丸エディタVer.8.93 マクロ関連の変更履歴

Ver.8.93は、マクロ関連の変更はありません。

秀丸エディタVer.8.94 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.94

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.94

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.94

  • 追加
    • getmaxinfo関数
    • encodeuri関数
    • decodeuri関数
    • getlinecount関数
    • mouselineno キーワード、mousecolumn キーワード(カーソルがエディタ画面範囲外の場合は-1)
    • convert_return_in_cell文
  • 変更、パラメータ追加等
    • searchdown等にinselect2のオプションを追加。
    • gettext関数、gettext2関数で改行を\nとして取得するパラメータ追加。
    • getoutlineitemの行番号が、分類モードでうまく取得できないバグ修正。
  • その他
    • HmJre.dll V5.09

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.94

  • 検索ダイアログの「選択した範囲内のみ」を「選択した範囲」に変更して、[行単位]/[文字単位]を追加。
  • [その他]→[動作環境]→[環境]や[パフォーマンス]からの詳細設定の項目を増やして、クリップボード履歴の個数、静的変数の上限を追加。
  • ブックマークやプロジェクトの項目のパスの先頭に「mac:」と書くとマクロ実行用のファイルとして動作するように修正。

秀丸エディタVer.8.95 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.95

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.95

  • 変更、パラメータ追加等
    • setstaticvariable/getstaticvariable で Ver.8.94 で数値を扱えるようになっていたのをやめて、従来通り文字列だけとなるように修正。

秀丸エディタVer.8.96 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.96

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.96

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.96

  • 追加
    • ucs4len ucs4leftstr ucs4rightstr ucs4midstr ucs4strstr ucs4strrstr ucs4index_to_charindex charindex_to_ucs4index moveto_wcs moveto_ucs4 などの各種UCS-2/UCS-4単位の文、cmulen や moveto_cmu などのカーソル移動単位、gculen や moveto_gcuなどの、書記素クラスター単位の文/キーワード/関数の追加
  • 変更、パラメータ追加等
    • split -1;のパラメータで動作環境による自動判定を追加。
    • charcount関数で、第2パラメータに対象文字列を指定可能にする対応と、0x00000088でカーソル移動単位の指定の追加。
    • fontmodeで結合文字やカラー絵文字の設定状態の取得の追加。
    • title文のUnicode対応。
    • message文で位置指定のパラメータ追加。
    • multiselectingは、複数選択で全ての幅がゼロのときに2となるように修正。
  • その他
    • gettextでカラー絵文字の末尾で範囲がずれる問題修正。
    • HmJre.dll V5.10に更新。

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.96

  • createobjectで管理者によるRegSvr32やRegAsmの登録なしに、DLLファイル名でCOMオブジェクトを作成できるように修正。
  • 正規表現の秀丸エディタのコメントの(?#maxlines:数値)は9999までの上限に増やした。

秀丸エディタVer.8.97 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.97

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.97

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.97

  • 変更、パラメータ追加等
    • evalでsetcompatiblemodeは現在の状態を引き継ぐように変更。
  • その他
    • filtermenu文がマクロ開始後1秒以上経過するとうまく動作しない問題修正。
    • 浮動小数点数版のsetfloatmode 1;でnewfileやsetactivehidemaruで実行対象が切り替わると状態がリセットされる問題修正。(setfloatmodeの状態を維持するように変更)
    • createobjectのアウトプロセスサーバーがうまく動作しない問題修正。(Ver.8.96)
    • .net 5を使って作成したCOMサーバーで、createobjectに失敗する問題の対策。(Ver.8.96以前からある問題)

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.97

  • 「すべてを選択」コマンド実行時に直前の位置を「前のカーソル位置」として覚えるように修正
  • キー操作の記録で「指定行...」で入力した行番号を記録するように修正。

秀丸エディタVer.8.98 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.98

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.98

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.98

  • 追加
    • sendmessage 文
    • OutputW 関数(HmOutputPane.dllのdllfuncw用の関数)
    • setcomdetachmethod 文
    • Hidemaru_DebugInfo 関数(DLL側から呼び出す秀丸エディタの関数)
    • keepdll 文
    • selectinselect、setinselect2
    • enumregkey
    • updatecount キーワード
    • 「列の幅の自動調整を一時停止」コマンドに相当する refreshtabstop_pause 文
    • 「列の幅を全て狭める」コマンドに相当する refreshtabstop_shrink 文
    • 「この列のテキスト幅揃えを更新」コマンドに相当する refreshtabstop_current 文
    • tabcolumnmax キーワード
  • 変更、パラメータ追加等
    • keepobjectの第2パラメータの1は、2と同等となるように変更。
    • deletecolormarkerでレイヤー名がまだ無いときに範囲を指定すると異常終了する問題修正。
    • gettitle(3,#handle)で取得できない場合がある問題修正。
    • createobjectでファイル名指定した場合にファイルを開いたままにならないように修正。
    • colormarker文で強調表示としての振る舞い指定に「数値」を追加。
    • setcomdetachmethodで呼ばれるメソッドは数値パラメータに呼ばれる理由を指定して呼ぶように修正。
    • Hidemaru_EvalMacroでマクロの文法上のエラーなどのとき、返り値にFALSEを返すように修正。
    • keepdllで0を指定するときはsetdlldetachfuncの関数の後にFreeLibraryでDLLを解放するように修正。
    • linelenやlinelen2等に、[]を付けて指定した行の情報を得られるように修正。
    • charcountは0x7fffffffまでに制限するように変更。
    • prevposxがプロポーショナルフォントのときに正しくない問題修正。
    • 「単語の検索の状態を覚える」がOFFのとき、grepdialog2文の0x0001のビット指定が効かない問題修正。
  • その他
    • autocompstate & 0x0004でマクロ実行と同時に単語補完が消えたかどうかを判定可能なフラグを追加。
    • loaddllやkeepobjectを使った後の場合は、瞬間起動のためにプロセスの再利用をしないように修正。
    • 複数選択時のoverwrite文(setcompatiblemode 0x00100000;の状態)ができない問題修正。
    • creatobjectでCOMオブジェクト作成時、bool X64MACRO()というメソッドがあって0以外を返す場合、そのCOMオブジェクトの数値パラーメータは64bit版では64bitの数値を渡すようにした。
    • COMオブジェクトの返り値がいわゆるSafeArrayのときに自動的にオブジェクトに変換するように修正。
    • 除算の最小値/-1でオーバーフロー扱いにしてマクロ停止するように修正。

【2】仕様変更 - 「秀丸エディタ」Ver.8.98

  • マクロでコンパイル可能なメモリの上限を増やした。
  • 文字数計算ダイアログの32bitより大きい数の対応

秀丸エディタVer.8.99.1 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.99.1

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.99.1

  • その他
    • toupper、tolowerでUnicodeの特定文字で文字幅(固定幅で全角か半角)の状態がおかしい問題と、大文字のアルファ(U+0391)が変換できないバグ修正。

秀丸エディタVer.8.99.2 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.99.2

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.99.2

  • その他
    • openfile ""; で新規作成になっていなかった問題修正。
    • replacedialogで置換文字列の指定ができていない問題修正。
    • searchdown等のinselect2が事前のsettargetcolormarkerでうまく動作しない問題修正。
    • replaceallquickで複数選択で動作させると異常終了する問題修正。

秀丸エディタVer.8.99.3 マクロ関連の変更履歴

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.99.3

【1】マクロ関連の変更履歴 - 「秀丸エディタ」Ver.8.99.3

  • その他
    • setmenudelay, setsplitinfo, settabstop があるとcallのラベルへのジャンプやif文がうまくいかない問題修正。

秀丸エディタVer.8.99.4 マクロ関連の変更履歴

Ver.8.99.4は、マクロ関連の変更はありません。


ページトップ 目次に戻る