last updated:2022/06/08

Hidemaru Q and A

第II部〜知っていると便利な秀丸の機能
 grepして置換


grepして置換

「grepして置換」はgrepを実行して、マッチ箇所を置換し上書き保存します。

設定次第では、バックアップを取らずに上書き保存してしまうこともあるので、注意が必要です。 (通常の置換と違い、「やり直し」で戻すことはできません)

[手順]

基本的な使い方(オプション等)は、「grep」と同じなので、そちらを参照してください。

grepと比較し、以下の箇所が異なります。

  • 「置換する文字列」の入力欄が増えています。
  • 「ヒットしない行」「検索文字列の強調」は使えません。
  • 「バックアップを作成」「保存の前に確認」が追加されている。

「置換」と同じく、「検索する文字列」「置換する文字列」は、複数行を入力可能にできます。詳細は「置換」-「補足」を参照してください。

grepして置換ダイアログ

  • 「バックアップを作成」チェックボックス:
    置換しファイルを上書きする場合、バックアップファイルを作成するかどうかを設定します。

  • 「保存の前に確認」チェックボックス:
    置換しファイルを上書きする場合、問い合わせダイアログを表示するかどうかを設定します。

    grepして置換上書き保存確認ダイアログ

  • 「検索」ボタン:
    通常のgrepダイアログに切り替わります。

  • 「置換」ボタン:
    ボタンを押すと、以下のダイアログが表示されます。
    (最初のメッセージは、オプションの設定により替わる。画像は「バックアップを作成」がONの場合)

    grepして置換確認ダイアログ

    各種確認(チェックボックスをON)後、「OK」を押すと実際に検索/置換が始まります。

    結果として以下のような内容が表示されます。置換した箇所にタグジャンプも可能です。

    2_grepreplace.md(1):
    2_grepreplace.md(7):
    ----------------
    2 個のファイルを検索しました。
    1 個のファイルを全て置換して、上書き保存しました。
    2 個の置換を行ないました。

    Ver.8.85より、「置換」ボタンの「▼」マークから、「クイック全置換で実行」が選択できます。通常の「全置換」と「クイック全置換」の違いについては、秀丸エディタヘルプの「置換」を参照してください。

    クイック全置換


ページトップ 目次に戻る