last updated:2022/06/08

Hidemaru Q and A

第II部〜知っていると便利な秀丸の機能
 あいまい検索


「あいまい検索」について

正規表現DLLに、HMJRE.DLL を指定していると、「あいまい検索」が可能になります。

あいまい検索を有効にすると、以下の検索が可能になります。

詳細については、HMJRE.DLLのヘルプ- あいまい検索の設定ダイアログボックスを参照してください。

[解説]

以下の機能があります。

あいまい検索の設定ダイアログボックス

  1. 半角/全角を区別しない
  2. 全角文字で、ひらがなとカタカナを区別しない
  3. 大きい「あ」と小さい「ぁ」を区別しない
  4. 濁音/半濁音を無視する
  5. かなの「ー」と英数字の「-」を同一視する
  6. 空白/タブ文字を無視する
  7. 類似検索
  8. Unicodeの特殊空白の同一視/特殊ハイフンの同一視
  9. UnicodeのIVS(異体字セレクタ)を無視する
  10. 改行を無視する
  11. 特定文字を無視する
  12. カスタム1〜4
  • 1〜4までは、文字種に関する設定になります。全部ONにすると以下のようになります。

    ひらがなの「あ」を検索しても、カタカナや半角文字にもマッチする。

    検索文字   :あ
    マッチする文字:あぁアァアァ

    ひらがなの「は」を検索しても、カタカナ、半角文字、濁音、半濁音の有無を無視してマッチする。

    検索文字   :は
    マッチする文字:はハばバぱパハパバ
  • 5、8は、同一視する文字の指定です。

  • 7の「類似検索」とは、検索文字列と完全には一致してない、「似ている」文字列を探す機能です。
    「類似度合い」と「ミスの上限」を設定します。
    詳細については、 HMJRE.DLLのヘルプ-「類似検索の詳細」を参照してください。

  • 6、9、10、11は無視する文字の設定です。文字間の空白、タブ等を無視してマッチさせます。特定の文字を無視できます。

  • カスタム1〜4で、同一視する文字列の指定も可能です。別途ファイルを作成し、同じ行内で、タブまたは空白で区切られた文字列を同一視します。

    ファイルの例

    秀丸  ひでまる  hidemaru

    上記内容だと、「秀丸」「ひでまる」「hidemaru」という文字列 を同一視します。

    さらに

    • ☑半角/全角を区別しない
    • ☑全角文字で、ひらがなとカタカナを区別しない
    • ☑大きい「あ」と小さい「ぁ」を区別しない
    • ☑濁音/半濁音を無視する

    というチェック状態だと、「hidemaru」「ヒデマル」「ヒデマル」「ヒテマル」「ヒテマル」「ひてまる」「ぴでまる」「ぴてまる」「びでまる」「ピデマル」「ピテマル」「ビデマル」「ピデまる」「ぴテマる」等も同一視することになります。

    実際に同一視指定ファイルを作成・有効にし、「秀丸」を検索した結果画面です。
    あいまい検索の結果


ページトップ 目次に戻る