last updated:2021/08/02

Hidemaru Q and A

第II部〜知っていると便利な秀丸の機能
 ファイルマネージャ枠


ファイルマネージャ枠

秀丸エディタ Ver.8.00以降では、ファイルマネージャ枠が使用できます。

ファイルマネージャ枠は、名前の通り、ファイル/フォルダの一覧を表示するための枠です。

メニューの「表示」から、ファイルマネージャ枠の表示の切り替えが可能です。

メニュー-表示

[解説]

ファイルマネージャ枠には以下の内容が表示可能です。

フォルダの一覧
フォルダーツリーです。フォルダを選択すると、ファイル一覧に切り替わります。
ファイルの一覧
選択したフォルダのファイル一覧です。
フォルダ/ファイルの一覧
上にフォルダーツリー、下にファイル一覧が表示されます。
ヒストリ
秀丸エディタで開いたファイルの履歴一覧。
ウィンドウ一覧
秀丸エディタで、現状開いているファイルの一覧。タブモードの場合はタブ毎に表示されます。
ブックマーク
webブラウザにある、よく使うファイルの一覧。
プロジェクト
ブックマークと同様、必要なファイルをまとめた一覧。切り替え可能なブックマークみたいな物です。

ツールバーの表示項目部分が「ボタン」になっていて、左クリックで切り替えメニューが表示されます。

ファイルマネージャ枠のメニュー

ツールバーやファイルマネージャ枠内で右クリックするか、ツールバーの▼部分を左クリックすると、各種設定込みの切り替えメニューが表示されます。(切り替え以降のメニュー項目は、表示している内容によって切り替わります)

ファイルマネージャ枠のメニュー

フォルダ/ファイル/フォルダ+ファイル一覧

その名の通り、

を表示する枠です。

注意


ファイルマネージャ枠の右クリックメニューにある「詳細」を選ぶと、ファイルマネージャ枠の設定画面が開きます。

「一般」はファイルマネージャ枠の表示に関する設定です。

ファイルマネージャ枠の詳細-一般


「フォルダ/ファイル一覧」はフォルダ/ファイル一覧 表示に関する設定です。

ファイルマネージャ枠の詳細-フォルダ/ファイル一覧

ヒストリ

秀丸エディタ本体にある、ファイルヒストリと同じです。メニューで表示するか、枠内に常時表示するかの違いです。

右クリックメニューから、選択したヒストリの削除が可能です。

ウィンドウ一覧

秀丸エディタ本体にある、ウィンドウ一覧と同じです。ウィンドウで表示するか、枠内に常時表示するかの違いです。

右クリックメニューから、選択したウィンドウを閉じる事が可能です。

ブックマーク

秀丸エディタ本体にある、ブックマークと同じです。メニューで表示するか、枠内に常時表示するかの違いです。

右クリックメニューから、ブックマークの操作(追加/削除/上/下)が可能です。

「追加」を行うと以下の画面が表示されます。

ブックマーク

「ファイル」はファイルを、「グループ」は分類用のフォルダを、「セパレータ」は区切り線を追加します。

「フォルダ内のファイル一覧」は、グループを作成し、指定された拡張子のファイルを自動的に追加します。

プロジェクト

ブックマークと同様、必要なファイルをまとめた一覧です。場合によって切り替える、ブックマークみたいな物です。

右クリックメニューから、プロジェクトの操作(開く/上書き/名前を付けて保存/追加/削除/上/下)が可能です。
「追加」を行うと、ブックマークと同じ画面が開きます。

プロジェクト右クリックメニュー

ブックマークと違うのは、変更した場合は名前を付けて保存する必要がある事と、複数のプロジェクトファイルを使い分ける事ができる事です。

ファイルマネージャ枠の詳細-プロジェクト

設定で、プロジェクトを編集した場合に直ぐに保存するようできますが、名前を付けていない場合(デフォルト状態)では無視されます。

ファイルマネージャ枠の詳細-ブックマーク/プロジェクト

[補足]

フォルダ/ファイル/フォルダ+ファイル一覧 について

「フォルダ/ファイル/フォルダ+ファイル一覧」は、現在編集中のファイルの場所とは、リンクしていません。その為、ファイル(タブやウィンドウ)を切り替えても、自動的に場所が切り替わる事はありません。

現在編集のファイルがある場所を開きたい場合は、明示的に「同期」コマンドを実行する必要があります。

自動起動マクロに「アクティブ切り替え後」があるので、マクロから「同期」コマンドを実行するようにすれば、自動的に同期させることが可能です。

ファイルマネージャ枠の同期を行うマクロの例です。

以下のマクロを「アクティブ切り替え後」に指定しておけば、ファイルを切り替時に、ファイルマネージャ枠も変更されます。

自動起動マクロに関しては、「第III部〜秀丸マクロのいろはにほへと 自動起動マクロ」を参照してください。

//DLLのロードを実行
#HmExplorer = loaddll("HmExplorerPane.dll");
//DLLのロードに失敗した場合は終了
if(#HmExplorer == 0) endmacro;
//枠のハンドルを取得
#fm = dllfunc(#HmExplorer, "GetWindowHandle", hidemaruhandle(0));
//枠があるか確認(枠がない場合、"GetWindowHandle" は ゼロを返す)
if(#fm > 0){
    //表示モードを確認(6 フォルダ+ファイル一覧モード,0 フォルダモード,1 ファイル一覧モード)
    #mode = dllfunc(#HmExplorer, "GetMode",hidemaruhandle(0));
    //表示モードがファイル関連なら、同期コマンド呼び出し
    if(#mode == 6 || #mode == 0 || #mode == 1){
        //同期実行
        #ret = sendmessage(#fm ,0x111/*WM_COMMAND*/, 252 ,0); //252=同期
    }
}
freedll #HmExplorer;
endmacro;

プロジェクトについて

プロジェクトは、ファイルを一個ずつしか登録できません。「フォルダ内のファイル一覧」を使えば、拡張子を指定してまとめて追加できますが、不要なファイルまで含まれる場合もあります。

プロジェクトファイルの構造は簡単なので、登録するファイルが多い場合はフルパスのファイルリストを作り、そこから編集した方が早い場合もあります。

ファイル構造はブックマークと同じです。秀丸エディタヘルプ-ブックマークの整理の内容と、実際のプロジェクトファイルを開いてみてください。


目次に戻る